建築設備士資格試験

資格試験のことなら資格試験.net
資格試験.net不動産、建築系資格試験>建築設備士

建築設備士とは

空調、給水、電気など設備に関するプロの資格です。建物の設備も高度化しており、建築設備士の需要もあります。外観のデザインと同じくらい設備はビルの価値に影響をあたえる大切なものです。就職実用度の高い資格です。

合格率
合格平均期間
独立可能度
就職実用度
18.1%
1年〜
★★
★★★★
建築設備士資格試験情報

建築設備士の資格取得方法

建築設備士の国家試験を受けるためには、指定の実務経験が必要になる。試験は一次と二次に別れ、合格すると建築設備士の資格を取得できる。

 

建築設備士受験資格

建築設備士受験資格は学歴に応じた実務経験が必要です。建築、機械、電気関連の学校を卒業しておく必要があり、専門学校や高校卒業のものは4年以上の実務経験が必要です。大卒は2年以上必要。1級建築士、1級電気工事施工管理技師、1級管工事施工管理技師も2年以上が必要です。

 

建築設備士合格のポイント

合格率からもわかるように難関資格です。建築関係の仕事をされている方がスキルアップとして取得する資格です。一次の建築関連の筆記試験の対策と、二次の設計製図の学習をしっかりすることが大切です。

 

試験の概要とスケジュール

試験は7月に一次、10月に二次が予定されており、一次試験合格後、二次試験不合格でも1年以内にならば一次試験が免除されます。

 

資格のスキルアップ

建築関係の難関資格です。建築士などの受験も多い。建築士と共同で仕事をすることが多く、設備関係のアドバイザーとして働くことができる資格です。

 

人気の通信講座・スクール

ヒューマンアカデミー
大手総合教育サービス「ヒューマンアカデミー」。講座の数が特に豊富で500種類以上もの講座があるのた人気。また、資格取得後のキャリアアップを考えている方に対する支援(転職・就職支援)も実施しています。

がくぶん総合教育センター
通信教育で80年以上の歴史と実績のある通信講座。資格はもちろんですが、どちからというと趣味や特定の分野に特化した講座が多いのが特徴です。

不動産、建築系資格情報

宅地建物取引主任者(宅建)
管理業務主任者
マンションリフォームマネジャー
建築士
インテリアプランナー
インテリアコーディネーター
商業施設士
建築設備士
測量士、測量士補
造園施工管理技士

 

資格試験ジャンル一覧
医療系資格
建築、不動産系実務資格
・法律系資格と検定
・会計税務系資格と検定
海外資格と検定
コンサルタント系資格と検定
ビジネス実務資格と検定
パソコンIT系資格と検定
語学系資格と検定
飲食/栄養系資格
福祉、心理系資格
教養系資格
業務に特化した資格
スポーツ系資格
免許、土木系資格

建築設備士資格情報

 

資格試験.net  リンク  プライバシーポリシー

copyrights ©2006-2015 資格試験.net All rights reserved. 資格試験.net内の全てのコンテンツの無断転載・複製を禁止します。

資格試験.netでは数ある価値ある資格を紹介する資格試験に関する総合情報サイトです。