自家用飛行機操縦士資格試験

資格試験のことなら資格試験.net

資格試験.net免許、土木系資格>自家用飛行機操縦士

自家用飛行機操縦士とは

飛行機のパイロットとして自家用飛行機を操縦できる資格です。自家用飛行機操縦士の資格は人気が高い一方で、日本での取得は航空大学校卒業と難関です。一般的な資格取得方法は、海外で資格を取得して日本でライセンスを書き換える方法です。

合格率
合格平均期間
独立可能度
就職実用度
40%
半年
自家用飛行機操縦士資格試験情報

自家用飛行機操縦士の資格取得方法

日本で自家用飛行機操縦士の資格を取得する方法は、航空大学校や指定養成施設を卒業することですが難関試験です。

 

自家用飛行機操縦士受験資格

17歳以上で、単独飛行10時間以上、野外飛行5時間以上、夜間における離陸、着陸、航法の実施を含む20時間以上の同乗教育飛行を含む合計40時間以上の飛行経験を持つ者。

 

自家用飛行機操縦士合格のポイント

受験資格にある40時間のフライト経験を日本で持つことは、金銭負担が大きい。そのため、自家用飛行機操縦士の資格取得を目指すならば、アメリカを中心に外国での取得をおすすめします。

外国でライセンスを取得後、日本のライセンスに書き換えるのが一般的な自家用飛行機操縦士の資格取得方法です。

 

試験の概要とスケジュール

日本の学校で3ヶ月ほど航空航法と航空英語をまなび、渡米して3ヶ月ほどスクールに通学してから受験することになります。

 

自家用飛行機操縦士資格のスキルアップ

飛行機操縦士は趣味として使うことが一般的です。

 

人気の通信講座・スクール

ヒューマンアカデミー
大手総合教育サービス「ヒューマンアカデミー」。講座の数が特に豊富で500種類以上もの講座があるのた人気。また、資格取得後のキャリアアップを考えている方に対する支援(転職・就職支援)も実施しています。

がくぶん総合教育センター
通信教育で80年以上の歴史と実績のある通信講座。資格はもちろんですが、どちからというと趣味や特定の分野に特化した講座が多いのが特徴です。

免許、土木系資格
自家用飛行機操縦士
小型船舶操縦士
臭気判定士

 

資格試験ジャンル一覧
医療系資格
建築、不動産系実務資格
・法律系資格と検定
・会計税務系資格と検定
海外資格と検定
コンサルタント系資格と検定
ビジネス実務資格と検定
パソコンIT系資格と検定
語学系資格と検定
飲食/栄養系資格
福祉、心理系資格
教養系資格
業務に特化した資格
スポーツ系資格
免許、土木系資格

 

資格試験.net  リンク  プライバシーポリシー

copyrights ©2006-2015 資格試験.net All rights reserved. 資格試験.net内の全てのコンテンツの無断転載・複製を禁止します。

資格試験.netでは数ある価値ある資格を紹介する資格試験に関する総合情報サイトです。