小型船舶操縦士資格試験

資格試験のことなら資格試験.net

資格試験.net免許、土木系資格>小型船舶操縦士

小型船舶操縦士とは

船舶の免許として広く知られている小型船舶操縦士は1級を取得すれば世界一周も可能です。趣味の範囲で楽しみたい方は2級まで取得できれば十分に楽しめます。水上オートバイを運転するためには特殊小型船舶操縦士の免許が必要です。

合格率
合格平均期間
独立可能度
就職実用度
90%
1週間
★★★
小型船舶操縦士資格試験情報

小型船舶操縦士の資格取得方法

国家資格である小型船舶操縦士には1級、2級、特殊があり、小型船舶操縦士の資格は身体検査、学科、実技の試験によって行われ、合格すると取得できます。水上オートバイを運転するためには特殊小型船舶操縦士の免許が必要です。

 

小型船舶操縦士受験資格

小型船舶操縦士の受験資格は取得したいライセンス級によって異なります。

・ 特殊小型船舶操縦士(水上オートバイ専用)は 満16歳以上(満15歳9ヶ月以上より受験可能)
・ 2級小型船舶操縦士(湖川小出力限定) は 満16歳以上(満15歳9ヶ月以上より受験可能)
・ 2級小型船舶操縦士は 満16歳以上(満15歳9ヶ月以上より受験可能)
・ 1級小型船舶操縦士 は 1級小型船舶操縦士

 

小型船舶操縦士合格のポイント

小型船舶操縦士の合格ポイントは、国土交通省に認定されている教習所を選ぶことです。教習所で講習をうけ、終了試験に合格すれば、学科と実技は免除され、身体検査のみで小型船舶操縦士の資格が取得できます。

 

試験の概要とスケジュール

日本の学校で3ヶ月ほど航空航法と航空英語をまなび、渡米して3ヶ月ほどスクールに通学してから受験することになります。

 

小型船舶操縦士資格のスキルアップ

小型船舶操縦士は趣味として使うことが一般的です。

 

人気の通信講座・スクール

ヒューマンアカデミー
大手総合教育サービス「ヒューマンアカデミー」。講座の数が特に豊富で500種類以上もの講座があるのた人気。また、資格取得後のキャリアアップを考えている方に対する支援(転職・就職支援)も実施しています。

がくぶん総合教育センター
通信教育で80年以上の歴史と実績のある通信講座。資格はもちろんですが、どちからというと趣味や特定の分野に特化した講座が多いのが特徴です。

免許、土木系資格
自家用飛行機操縦士
小型船舶操縦士
臭気判定士

 

資格試験ジャンル一覧
医療系資格
建築、不動産系実務資格
・法律系資格と検定
・会計税務系資格と検定
海外資格と検定
コンサルタント系資格と検定
ビジネス実務資格と検定
パソコンIT系資格と検定
語学系資格と検定
飲食/栄養系資格
福祉、心理系資格
教養系資格
業務に特化した資格
スポーツ系資格
免許、土木系資格

 

資格試験.net  リンク  プライバシーポリシー

copyrights ©2006-2015 資格試験.net All rights reserved. 資格試験.net内の全てのコンテンツの無断転載・複製を禁止します。

資格試験.netでは数ある価値ある資格を紹介する資格試験に関する総合情報サイトです。