情報処理技術者資格試験

資格試験のことなら資格試験.net

資格試験.netパソコンIT資格試験>情報処理技術者

情報処理技術者とは

システムエンジニア、プログラマーなど情報処理に従事する技術者のレベルを客観的に評価するコンピューター関連で唯一の国家試験です。初級者から上級者資格まで14の試験区分で実施されています。

合格率
合格平均期間
独立可能度
就職実用度
17.3%
5ヶ月〜
★★★
★★★★
情報処理技術者資格試験情報

情報処理技術者の資格取得方法

情報処理技術者試験は14の試験区分で実施され、試験に合格すれば取得できる資格です。14区分の試験が春と秋に分けて行われ、ソフトウェア開発技術者、基本情報処理技術者試験、初級アドミニストレーター試験は春と秋の両方で実施されます。

 

情報処理技術者受験資格

情報処理技術者の受験資格はありません。

情報処理技術者合格のポイント

受験者の多いシスアドや基本情報技術者、ソフトウェア開発技術者などは資格学校も多く利用することで短期の取得が見込めます。その他の試験区分は上級者向けであるため、参考書を使った独学が中心となるはずです。最新情報をキャッチすることが大切。

 

試験の概要とスケジュール

14区分の試験が春と秋に分けて行われ、ソフトウェア開発技術者、基本情報処理技術者試験、初級アドミニストレーター試験は春と秋の両方で実施されます。

 

情報処理技術者資格のスキルアップ

情報システム利用者側の資格としては、上級システムアドミニストレータ試験と情報セキュリティアドミニストレータ試験があります。この二つの基本学習として用意されている区分が初級システムアドミニニストレータです。

システム開発・運用者側の資格としては、システムアナリスト試験、プロジェクトマネージャ試験、アプリケーションエンジニア試験、テクニカルエンジニア試験などが用意されています。これらの基本学習区分が基本情報技術者試験とソフトウェア開発技術者試験です。

情報処理技術者の通信講座

 

人気の通信講座・スクール

ヒューマンアカデミー
大手総合教育サービス「ヒューマンアカデミー」。講座の数が特に豊富で500種類以上もの講座があるのた人気。また、資格取得後のキャリアアップを考えている方に対する支援(転職・就職支援)も実施しています。

がくぶん総合教育センター
通信教育で80年以上の歴史と実績のある通信講座。資格はもちろんですが、どちからというと趣味や特定の分野に特化した講座が多いのが特徴です。

パソコンIT資格情報
情報処理技術者
オラクルマスター
IBM技術者認定制度
システムアドミニストレーター(シスアド)
情報セキュリティアドミニストレーター
マイクロソフトオフィススペシャリスト
マイクロソフトオフィシャルトレーナー
CGクリエーター検定
情報処理活用能力検定
DTPエキスパート
情報検索応用能力試験
シスコ技術者認定
A+(エープラス)
CAD利用技術者
P検定(パソコン検定)
パソコン財務会計主任者資格

 

資格試験ジャンル一覧
医療系資格
建築、不動産系実務資格
・法律系資格と検定
・会計税務系資格と検定
海外資格と検定
コンサルタント系資格と検定
ビジネス実務資格と検定
パソコンIT系資格と検定
語学系資格と検定
飲食/栄養系資格
福祉、心理系資格
教養系資格
業務に特化した資格
スポーツ系資格
免許、土木系資格

 

資格試験.net  リンク  プライバシーポリシー

copyrights ©2006-2015 資格試験.net All rights reserved. 資格試験.net内の全てのコンテンツの無断転載・複製を禁止します。

資格試験.netでは数ある価値ある資格を紹介する資格試験に関する総合情報サイトです。